オフ・ザ・ボールの動きを理解する~後編~

みなさんこんにちは!

この記事は、前回からの続き「オフ・ザ・ボールの選手の動き」についての解説記事・後編です。前編をチェックしていない方は、こちら↓からぜひご確認ください!

関連記事

みなさんこんにちは! 今回の記事は、戦術を設定する際に個人的に一番重要視している「オフ・ザ・ボールの選手の動き」についての解説記事・前編となります。 ※後編は以下の記事をご覧ください。 [sitecard subtitle[…]

攻撃の流動性、守備の安定度に直結する「ポジショニング」「プレイの自由度」とは

「各選手への指示」設定画面内「チームがポゼッション時のオフ・ザ・ボールの選手の動き」エリアでは、前回取り扱った「Move Into Channel/スペースへ飛び込め」の他に、「ポジショニング」「プレイの自由度」に関して指示を送ることができます。

どちらも攻撃時の選手の動きに関わる指示ですが、相手チームの攻撃に切り替わる時にどれだけスムーズに守備陣形を整えられるかにも影響する、攻守両面で重要になる指示です。

まずは「ポジショニング」に関わる指示を確認していきましょう。

各指示は特定のプレイを選手に促すだけで、各選手は試合中そのプレイだけに固執するわけではありません。ある状況の中で選手が最適ではないと判断した場合は、他の動きを見せることもあります。また選手が持つ「プレイ特性」は試合中の動きに大きく影響するため、「プレイ特性」と「各指示」とかみ合わない場合は、指示通りに動かないことがある点注意が必要です

「ポジショニング」に関する指示を使いこなす

「ポジショニング」に関わる指示は、「Stay Wider/サイドに残れ」「Sit Narrower/中央へ絞れ」「Get Further Forward/もっと前に出ろ」3つから選択することができます。

各指示は基本的に「チームバランスを整える」ためのものであり、各選手の試合中の動きを把握した上で上手く使いこなすことができれば、チームをより連携させることができます

ただしメリットだけではなく、各指示から生まれるデメリットも存在するため使用する際には注意が必要です。

通常割り当てられたポジションとは違うエリアでプレイすることになるため、(いくつかの役割を除いて)これらの指示を選択した時点で後述する「Hold Position/ポジションを保て」は使用できなくなります。

「Stay Wider/サイドに残れ」の使用法

この指示が割り振られた選手は、通常のポジションよりもタッチライン寄りでプレイするようになります

基本的に選手間の距離の調整に使用するためのものですが、このポジショニングを利用して攻撃に利用できるスペースを広げることも可能です。前回とは異なるアプローチでこの指示を利用した攻撃パターンを中心に、「Stay Wider/サイドに残れ」の使用方法を紹介していきます。

効果的に使用するための戦術設定

AM(RL)の選手と並んで、この指示を割り当てた時に効果的な動きを見せるポジションはSTになります。※ただしSTの選手が2人以上いないとこの指示を出すことができないため、使用できるフォーメーションが限られる点に注意しましょう。

まずはSTの選手に「Stay Wider/サイドに残れ」の指示を出すと、どのような状況を作り出すことができるのかを確認してみます。

以下の画像は1列目の選手2人(9番・10番)にこの指示を割り振った時の一場面です。黄色の矢印はボールの動き、白の矢印は選手の動きを表します。

使用例1

使用例2

使用例3

使用例4

使用例5

「Stay Wider/サイドに残れ」が割り当てられている9番・10番の選手がワイドに開いてポジショニングしていることで、1枚目と最後の画像を比較すると相手チームの各CB間のスペース(黄色のマーカー)が大きくなっていることが分かります。今回紹介する攻撃パターンの中で利用するのは、この「各CB間のスペース」です

このスペースを利用するのは状況次第ではSTの選手にもなり得ますが、後ろの列から常に飛び込みを狙えるAM(C)の選手(画像では8番)がベストです。特に「Shadow Striker/シャドウストライカー」「Attacking Midfielder/アタッキングMF」に適した選手は高い得点能力を有するため、シーズンを通して得点を量産することができるでしょう。

またSTの選手がチャンネルを利用する動きを見せることで、各CBを中央から引き離す時間をさらに作り出すことができます。どちらか一方、または両方のSTに「Move Into Channel/スペースに飛び込め」を割り当てておくと、さらに効果的な攻撃パターンになるはずです

「Deep Lying Forward/ディープライングFW」や「Target Man/ターゲットマン」等、少し低い位置まで下りてボールを保持する動きを見せる役割をフォーメーションに組み込むと、相手のCBを引き付けつつ味方がスペースに走りこむ時間を稼ぐことができます。横だけでなく縦方向にもディフェンスラインを引き伸ばすことができるためおすすめです。
ここまで説明したことを踏まえてフォーメーションを組むと、以下の画像の様になります。
フォーメーション例
今回は「Advanced Forward/アドバンストFW」と「Deep Lying Forward/ディープライングFW」の組み合わせを採用して、その下に「Attacking Midfielder/アタッキングMF」を配置しています。各役割を選択した理由は以下の通りです。
  • 「Advanced Forward/アドバンストFW」と「Deep Lying Forward/ディープライングFW」は、「Move Into Channel/スペースに飛び込め」がすでに割り当てられているため、「Stay Wider/サイドに残れ」と組み合わせて使用することができます。
  • 「Attacking Midfielder/アタッキングMF」は、初期の段階では指示が何も割り当てられていないため、チーム状況や各選手の能力値を見ながら指示を加えることができます。内容次第では「Shadow Striker/シャドウストライカー」に近い動きを再現することも可能です。
  • また各役割に対して適正が高い選手が多い点も、今回のフォーメーションに採用した理由の1つになります。
「Move Into Channel/スペースに飛び込め」が初めから割り当てられていない役割は、STに限らず全てのポジションで「Stay Wider/サイドに残れ」と併用することができません。そのため「Advanced Forward/アドバンストFW」や「Mezzala/メッツァーラ」等の役割は、チャンネルを利用した攻撃を行う際に非常に貴重な存在になります。
以下の画像では、このフォーメーションを利用して生まれた得点シーンの一連の流れが確認できます。
※8番が「Attacking Midfielder/アタッキングMF」、9番が「Advanced Forward/アドバンストFW」、10番が「Deep Lying Forward/ディープライングFW」です。また黄色の矢印はボールの動き、白の矢印は選手の動きを表します。
まずは8番が10番へとパスする場面から始まります。
得点シーン1

ボールを受け取った10番がボールを保持しつつ後ろへとポジションを落とす間に、9番は前へと進んでいくことでスペースが徐々に広がっていきます。

まさに「Advanced Forward/アドバンストFW」と「Deep Lying Forward/ディープライングFW」の特徴が集約されている場面です。

得点シーン2

次の画像では、CB間のスペースが縦にも横にも大きく引き伸ばされていることが分かります。「Move Into Channel/スペースに飛び込め」が割り当てられている9番は、チャンネルへの飛び込みを狙って動くため、ここからさらにスペースが大きくなっていきます。

得点シーン3

得点シーン4

10番が味方選手からボールを受け取った時点で、8番はCB間のスペースを利用できる位置に抜け出しています。画像では相手CBの外側に矢印がありますが、実際は8番と相手CBの間に10番がパスを出します。

得点シーン5

この後8番はフリーの状態でゴール前までボールを持ち込むのですが、最終的には外から走りこんでくる11番にパスを出し得点となります。

得点シーン6

先に「CB間のスペース」を確認するために使用した状況と、今回のゴールシーンは同じ試合の数分間に起きています。指示はあくまでもある動きを促すためのものですが、各選手の動きが噛み合えば自分の思い描く攻撃パターンを試合中に何度も再現することができます。「Stay Wider/サイドに残れ」と「Move Into Channel/スペースに飛び込め」の組み合わせを応用すれば、様々な攻撃パターンを作り出すことが可能です。ぜひチャレンジしてみてください!
FB/WBに「Stay Wider/サイドに残れ」を割り振った場合の注意点

この指示をFB/WBの選手に割り当てることで、サイドのエリアにパスの受け手がいる状態をより頻繁に作り出すことができます。中盤の組み立てからサイドに留まっている選手にボールを送り、一気に攻撃を展開させることができるため、攻撃的なFB/WBの選手にこの指示を割り当てるとさらに効果的です。

ただしCBから少し離れた位置にポジショニングするため、相手チームにカウンターを受けた際はチャンネルを利用される場面が自然と多くなります。3バックや「Hold Position/ポジションを保て」が割り振られた中盤の選手を同サイドに採用することで、空いたスペースをカバーするようにしましょう

以下の画像では、3番の「Wing Back/ウイングバック」が深い位置からボールを運んでいる状況を確認できます。8番は「Deep Lying Playmaker/ディープライングPM」、5番は3バックの左サイドの選手です。

8番には「Hold Position/ポジションを保て」が割り当てられているため、前へ駆け上がることなくサポートに入り、5番もサイドのエリアをカバーしています。

画像内では5番と右サイドのCBに「Stay Wider/サイドに残れ」が割り振られています。チャンネルの幅が非常に大きくなってしまっているため、カウンターを受けた際に非常に危険な状態になるでしょう。個人的にはこの指示をCBに割り当てるのは、守備の面からリスクが高いと感じます。

3バックストッパー

「Sit Narrower/中央へ絞れ」の使用法

この指示が割り振られた選手は、通常のポジションよりもピッチ中央寄りでプレイするようになります。※この指示はサイドでプレイする選手専用のもので、他のポジションの選手に使用することはできません。

中盤でのビルドアップにサイドの選手を加えて、よりスムーズにボールを運んでいくことが主な使用目的になるでしょう。またAM(RL)の選手にこの指示を割り振ることで、FB/WBとの縦のラインをずらしオーバーラップするスペースをより作り出すことができます

特に「Compltete Wing Back/コンプリートウイングバック」は、「Stay Wider/サイドに残れ」が割り振られている点と積極的にオーバーラップを狙う点から、「Sit Narrower/中央へ絞れ」が割り当てられたAM(RL)の選手と素晴らしいコンビネーションを見せます。※次回以降の記事でこの組み合わせを含むフォーメーションを紹介します。

使用する際の注意点

AM(RL)の選手に「Sit Narrower/中央へ絞れ」を割り当てると、自然とハーフスペースやチャンネル付近でのプレイが多くなります。そのため同じサイドの中盤に「Mezzala/メッツァーラ」や「Stay Wider/サイドに残れ」が割り当てられた攻撃的な中盤の選手がいると、以下の画像の様にプレイするエリアが被る状況が多くなる点に注意が必要です

※7番「Mezzala/メッツァーラ」、10番「Sit Narrower/中央へ絞れ」が割り当てられたAM(R)の選手。

悪い例

「Get Further Forward/もっと前に出ろ」の使用法

ここまで各選手の横の動きに関するポジショニングの指示でしたが、「Get Further Forward/もっと前に出ろ」は縦の動きに関わる指示です。この指示を割り当てられた選手は、より積極的に前への動きを見せるようになります

一見非常にシンプルな指示に見えますが、実際はチームバランスを簡単に変えてしまう繊細なツールの1つです。過剰な使い方をした場合と、バランスよく使用した場合の例を確認しながら適切な使用法を紹介します。

選手の前への積極的な動きは、指示やプレイ特性だけではなく「チーム/個人のメンタリティ」にも大きく影響されるため、設定次第では全く別の動きをみせるという点に注意してください。そのためまずは基本となる「チームメンタリティ」を設定した上で、各選手の動きを調整する目的で使用することをおすすめします
※これから様々な場面を紹介しますが、あくまでも試合の一場面です。1試合を通して全く同じ状態が続くわけではなく、指示の影響から紹介するような状況が非常に多くなるだけという点に注意してください。またチームのメンタリティは「バランス」に設定されています。
使用する際の注意点~攻撃編~

以下の画像では、中盤と前線の選手すべてに「Get Further Forward/もっと前に出ろ」を割り当てたフォーメーションを使用した攻撃の一場面が確認できます。

CBとDMの選手以外のすべての選手が前へ進もうと横並びになっており、ボールを保持している2番の選手やDMの選手との距離が大きくなっています

このような状態になると中盤からの組み立ては非常に難しくなるため、サイドに留まっている選手にボールを流してクロスを放り込むような強引な攻めが多くなります。

※戦術スタイル・対戦相手との力量差によってはハマるかもしれませんが、相手のカウンターを受けた際に後ろに残っている選手が少ないため、守備の面に不安がある点は変わりありません。

「IF(S)or(A)=インサイドFW(サポート)+もっと前に出ろor(アタック)」「AP(A)=アドバンストPM(アタック)+もっと前に出ろ」「AF=アドバンストFW」「CM(S)=セントラルMF(サポート)+もっと前にでろ」「DLP(S)=ディープライングPM(サポート)」「T=トレクアルティスタ」「CWB(A)=コンプリートウイングバック(アタック)」
※IF(A), AF, CWB(A)は、元々「Get Further Forward/もっと前に出ろ」が割り当てられている役割です。

悪い例

続いて以下の画像では、「AP(A)=アドバンストPM(アタック)+もっと前に出ろ」を「DLP(S)=ディープライングPM(サポート)」へ、「IF(A)=インサイドFW(アタック)」を「T=トレクアルティスタ」へと変更して、先ほどと同じフォーメーションを使用した場合の、各選手のポジショニングを確認することができます。

IF(S)、AF、CM(S)の距離感にあまり変化はありませんが、変更した役割は「Get Further Forward/もっと前に出ろ」が割り当てられていないため、前の画像と比べると低い位置に留まっていることが分かります。結果的に各選手間の距離を一定に保つことができるため、非常に流動的にパスを繋げることができます

使用する際の注意点~守備編~

次に同じフォーメーションと役割を使用した時に起こり得る、守備の問題点を確認していきます。特に顕著になるのは、FB/WBの選手がゴールライン付近までボールを運びペナルティーエリア内へのクロスを狙うタイミングです。

以下の画像では、先ほどと同じように中盤と前線の選手すべてに「Get Further Forward/もっと前に出ろ」が割り当てられているフォーメーションを使用した際の一場面が確認できます。

選手全員がペナルティーエリア内に向かって走りこんでいるため、後ろに空いた大きなスペースをカバーする選手が一人もいません。もしボールを奪われ相手チームの攻撃に切り替わった際、このスペースを利用されることは間違いないでしょう

※写真は反転させているため、次の写真で見ることができる場面とサイドが異なります。それに伴い中盤の選手の役割も逆転しています。

最悪のバランス

続いて「AP(A)=アドバンストPM(アタック)+もっと前に出ろ」を「DLP(S)=ディープライングPM(サポート)」へと変更したフォーメーションを使用した際に、同じような状況で各選手がどのようなポジショニングをとるのかを見てみましょう。

先ほど大きく空いていたスペースをDLP(S)の選手がカバーすることで、カウンターを受けた際のサポートやバックパスの選択肢を作ることができています。実際にこの選手にボールが渡ったり、こぼれたボールを拾う場面が非常に多くなるため、結果的にポゼッション率を高め攻撃を連続的に仕掛けることができるようになります。

良い例

バランスの取れたフォーメーション例

最後にどのような役割・選手の配置をすれば、バランスが取れるのかを確認していきます。重要なのは以下の2点です。

  1. 「Get Further Forward/もっと前に出ろ」は、攻撃に加えたい選手数の半分を目安に割り当てましょう。この指示が割り当てられた選手を一人多くフォーメーションに組み込むと、より流動的な攻撃になります。
  2. 「Get Further Forward/もっと前に出ろ」が割り当てられた選手とそうでない選手を交互に配置すると、バランスを取ることができます。

以上のことを踏まえて、使用機会が多いであろう「4-3-3-DM-Wide」に当てはめると以下のような配置になります。※「GFF=もっと前に出ろ」

他にも様々な組み合わせが考えられるため、各ポジションでプレイする選手の能力等を考えながら最適なバランスを見つけてみてください。

フォーメーション例

「プレイの自由度」に関する指示を使いこなす

「プレイの自由度」に関わる指示は、「Hold Position/ポジションを保て」「Roam From Position/ポジションを離れていい」から選択することができます。

「メンタリティ」や「チーム全体への指示」(特に創造性に関わる指示)を設定した上でチーム内に足りない/過剰な動きがあるのであれば、これらの指示を使用して調節を行うようにしましょう

「Roam From Position/ポジションを離れていい」の使用法

「Roam From Position/ポジションを離れていい」が割り当てられた選手は、相手チームの選手のマークから外れてフリーになれるような位置をより探すようになります。結果的にその動きにつられて相手選手が作ったスペースを他の味方選手が利用したり、スペースを見つけ出した選手本人がそのまま得点を決める場面が増えます。

効果的な動きになるかを決めるのは各選手の空間把握能力になるため、「Anticipation/予測力」や「Off the Ball/オフ・ザ・ボール」といった能力が高い選手にこの指示を割り当てるようにしましょう

使用する際の注意点

この指示が割り当てられている選手がチーム内に多い場合、他の選手とプレイするエリアが被ってしまったり、余計な動きをすることで味方選手のパスの選択肢を狭めることがあります。特に先に挙げた能力値が十分に高くないとその傾向は強くなります。

そのためこの指示を使用する際は、「Hold Position/ポジションを保て」が割り当てられている役割や、指示が割り当てられていないサポートの選手を加えて、チームバランスを常に保つことが重要です。

選手能力値の1つである「Teamwork/チームワーク」が高い選手は、試合中に他の選手のサポートを献身的に行い、各戦術指示を忠実にこなすことができます。この能力値が高い選手が多い場合、例え多くの選手に「Roam From Position/ポジションを離れていい」を割り当てたとしても、各選手がポジションを離れた選手のサポートに入るためか上手く機能することが多いと感じます。※個人的な意見です。

「Hold Position/ポジションを保て」の使用法

「Hold Position/ポジションを保て」は、基本的に守備での貢献が求められる役割等に元々割り当てられています。

攻撃時であっても積極的に前に出ることが少ないため、守備への切り替わりに素早く対応することができます。また自由にポジションから離れないことで安定したパスの供給先となり、チーム全体のパスの流れがよりスムーズになります

特に使用する際の注意点はありませんが、他の「オフ・ザ・ボール時の選手の動き」に関する指示とのバランスを常に意識しながら、指示を割り当てるようにしましょう。

チームメンタリティがより攻撃的に設定されている場合、例えこの指示が割り当てられた役割であっても積極的に前へ進む動きを見せるようになります。

まとめ

みなさんいかがでしたか?

Football Managerでは様々な設定が用意されており、プレーヤーの数だけ戦術が存在するといえます。ゲーム内やってはいけない戦術設定など制限は全くないので、今回の記事で推奨していない指示の使い方をしても問題ありませんし、むしろ上手く働く場合もあるでしょう。

せっかくのシミュレーションゲームなので、通常ありないような様々な組み合わせにチャレンジしてみると面白いかもしれませんね。

今回もご覧いただきありがとうございました!

アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!