Football Managerで初日にするべきこと~優秀なコーチはチームを救う編~

みなさんこんにちは!

今回の記事からは、いよいよゲーム内で実際に監督として関わることのできるタスクの数々を説明していきます。
説明すべきことが多々あるのですが、まずは新規でキャリアを始めた際に就任初日にするべきことを見てみましょう!

  • チーム内の戦力を確認して戦術を組みます。足りないポジションは選手をコンバートさせるか、補強を行いましょう。
  • スカウトの設定をします。長期的に穴となるポジションの選手や若手選手の情報収集をスカウトに委託しましょう。
  • スタッフの能力を確認します。トレーニングに関わるコーチの能力が低ければ、他のコーチを雇いましょう。

この3点は監督としていいスタートを切るためにとても重要なことです。

いくつかの記事に渡ってこれら3つのすべきことに関して解説をしていきます。

まずはチーム運営に多大な影響を及ぼすスタッフの役割とTipを紹介していきます。
特に今回は、トレーニングに大きな影響を与えるコーチに関して見ていきましょう!

選手を成長させるために最も重要なピース。コーチとトレーニングを理解する

チームを強化する上で最も簡単な方法は、他のチームからクオリティの高い選手を獲得することです。
ただしクラブによっては、移籍市場で使用できる資金や人件費が十分に用意されていない場合があります。

この場合はより長期的な視点で、現在クラブに所属している選手たちの成長の手助けをすることが重要になります。
そして選手の成長をより効果的にする要素の1つが、トレーニングの質なのです

そのため就任初日は必ずトレーニングの質を確認するようにしましょう!

トレーニングの質を確認する

まずゲームを開始すると下の画像と同じ画面が表示されます。

インボックス

左の青色のサイドバー内の「トレーニング」を選択してください。
すると次の画面が表示されます。

トレーニングトップ

この画面からは、トレーニングに関わるすべての情報にアクセスすることができます。

続いて画面上部に配置されているバー内から「コーチ」を選択して、下の画像と同じ画面へ移動してみましょう。

トレーニングの質

ここで注目するべき点は、それぞれのトレーニングカテゴリーで表示されている星の数です。

この星の数はトレーニングの質(評価)を表しており、各カテゴリーに適した能力を持つコーチを配置することで上がっていきます。

では次にどのような能力値がトレーニングの質に影響を与えるのか確認してみましょう。

攻撃カテゴリのすぐ上部に配置している「コーチの割り当ての編集」を選択してください。
表示された画面では、各トレーニングカテゴリーへとコーチを割り当てることができます。

トレーニングのエディット

また画面下部では各トレーニングを担当しているコーチの情報を確認することができます。

この画像では攻撃トレーニングの戦術面を担当しているコーチの情報が表示されていますが、いくつかの能力値がハイライト表示されていることがわかるでしょうか?

このハイライト表示されている能力が、それぞれのトレーニングの質を上げるために必要な能力になります。
各トレーニングカテゴリを確認して、どのコーチ能力値が重要になるか理解しておきましょう。

コーチのすべてを理解する

トレーニングの質の確認ができたら、今度はその質を高めるために新しいコーチを探していく必要があります。
まずはその際に必要となるコーチに関する基本情報を確認していきましょう。

コーチ能力に関して

それぞれのトレーニングカテゴリーをチェックした際になにか気づいたことはありましたか?

実はどのトレーニングにも共通して「勝利意欲」「規律性」「モチベーション管理」が必要になります。
例え「コーチング」能力がいくら高くても、もしこの3つの能力が低ければトレーニングの質を上げることはできないので注意してください!

それぞれの能力は以下の意味を持っています。

  • 「勝利意欲」は向上心と捉えてください。どれだけ自分自身の成長に貪欲かを表します。
  • 「規律性」はどれだけ厳しいトレーニングを選手に与えるかに影響します。
  • 「モチベーション管理」が高いと、選手をよりトレーニングへ集中させることができます。
低いカテゴリーでゲームをスタートする際は、金銭的にあまりコーチを雇う余裕がないかもしれません。
少しでもコーチを雇う余裕があるのなら、すべてのトレーニングに対応できるようなメンタル能力の高いコーチを選びましょう!
コーチの「環境適応」能力

監督の能力を決めるときに「環境適応」という項目があったことを覚えているでしょうか?
この能力は、コーチがどれだけ早く新しい環境へ順応することができるかを示したものです。

もし新しいコーチを探している時に、このような候補がいた場合は要注意です!

  • コーチの経歴を見て、自分のプレイしているリーグで仕事をした経験がない
  • 英語を流暢にしゃべることができない
  • 「環境適応」能力が著しく低い

過去に同じリーグで仕事をした経験があればいいのですが、もしなければゼロから新しい環境になじむ必要があります。
「環境適応」能力が低いため、語学コースへ派遣したとしても英語のレベルを上げるために多くの時間が必要になるでしょう。

以上のことから、コーチ編成を変更したいときは「環境適応」にも注意を払ってください。

コーチの持つ言語能力は、コーチのプロフィール画面から確認できます。
「概要」内にある「情報」を表示させましょう。
コーチの言語
国際関連という項目に言語のレベルが表示されています。
コーチを獲得する際の1つの情報として利用しましょう!
コーチ能力の成長

コーチの能力もまた選手同様に少しづつ成長していきます。
様々な要素が絡むかと思いますが、一番の近道はコーチングライセンスのレベルを上げることです。

ライセンスのレベルを上げるためには、コーチ研修を受ける必要があるのですが、コーチの「勝利意欲」能力=向上心が低いと研修を最後までやり遂げられないことがあります。
またコーチ研修や語学コースへコーチを派遣している間はトレーニングの質が落ちるようです。※要検証

それぞれのコーチの役割について

続いてそれぞれのコーチの役割に関して説明をしていきたいと思います。
まずはプレーヤーのアバターとなる監督に関して見てみましょう!

監督

監督はファーストチームに加え、リザーブチームやアンダーカデゴリーのチームの指導も担当します
そのためゲーム開始前に設定した監督の能力値が高いと、チーム全般により良いトレーニングを提供することができるのです!

特にU-18チームはクラブの未来を担う選手が揃っているので、質の高いトレーニングを選手に提供できるかどうかは非常に大切なことになります。
監督のプロフィール設定をする際にこれらのことも頭に入れておきましょう。

関連記事

みなさんこんにちは! この記事では自身のアバターとなる監督のプロフィール設定についての解説をしていきます。 初めてゲームをプレイする場合、詳しい説明がないため気づき辛い点かと思いますが、設定次第ではアドバンテージ[…]

デフォルトでは設定されていませんが、実はファーストチーム以外もトレーニングの管理をすることができます。
青色のサイドバーから「スタッフ」を選択して「概要」画面から「責務」→「トレーニング」へと移動します。
スタッフ責務
すると下の画像と同じ画面が表示されます。

写真の様にユースチームの「一般トレーニングを主導する」を自分で管理するように設定し、画面下の決定を押してください。
するとサイドバー内にリザーブチームやアンダーカデゴリーのチーム管理画面へのリンクが表示されます。

あとはファーストチームと同じようにスケージュールの管理を行っていきましょう!
ゴールキーパーコーチとフィットネスコーチ

実はこの役割のコーチも監督と同じように、リザーブチームやU-18の指導を担当することができます

そのためファーストチーム以外のコーチングスタッフに専属のゴールキーパー・フィットネスコーチは必要ありません!
リザーブチームはコーチの枠が少ないので、その枠を潰さないように気を付けましょう。

ちなみにこれらのコーチはゴールキーパー系のトレーニングとフィットネス系のトレーニング専属のため、他のトレーニングに配置することができないので注意してください。

ファーストチーム専属コーチ(アシスタントマネージャー含む)

この枠のコーチは基本的にファーストチーム専属になります。

ただし、ファーストチームとリザーブチームが練習施設を共有している状態ならば、トレーニング中に指導することができます

リーズユナイテッドはU-23チームとファーストチームが練習施設を共有しています。
こちらはU-23チームのコーチ配置画面です。
先ほどのファーストチームの写真と比べて、コーチの顔触れが全く一緒であることが分かると思います。

実際にコーチを獲得してみよう

さて十分にコーチに関しての知識を得ることができました。
続いて、実際に新しくコーチをチームに加えるまでの一連の流れをみていきましょう!

まずはスタッフ画面を開き、「概要」画面から「スタッフ検索画面」へと移動してください
スタッフ検索
すると契約のできるスタッフの名前がリスト上にすべて表示されます。
白いボックスの下に配置されている「新規検索」ボタンをクリックし、下の画像と同じボックスを表示させてください。
スタッフ検索2
ここでは様々な条件を追加していき、自分の求めているスタッフのみリストに表示させることができます。

今回は能力値から絞り込みをかけることにしました。
能力値ボックス内の「指名順」をクリックしてください。下のボックスが表示されます。

「重要な能力値をハイライト」から特定のトレーニングに必要な能力のみをピックアップして絞り込むことができます。

今回は攻撃面のテクニックを指導するコーチを探してみます。
また、すぐにコーチとして結果を出してもらうために「追加条件」として国籍・イングランドを加えてみました。

すると設定した検索条件に当てはまるコーチがリスト上に表示されていると思います。

それぞれのコーチ候補の「環境適応」能力や経歴・言語能力を確認したうえで、自分のチームに適した人材にオファーをします。

今回は紹介していませんが、ファーストチームのコーチングチームの役職の1つに「ユース育成責任者」というものがあります。
この役職のコーチはU-18の選手たちやジュニアユースチームの管理を担当しています。
詳しくは以下の記事で取り上げていますが、この役職に関してはコーチの「性格」も非常に大切です。覚えておきましょう!
関連記事

みなさんこんにちは! シミュレーションゲームってなかなか止め時が見つからなくないですか? なんか気づいたらもう夜になってた~!とか、今日なんも食べてないじゃん!とか… 僕の中ではFootball Manager もそんなゲーム[…]

アイキャッチ画像
今回はリスト上の Mark Sale氏が素晴らしい能力を持っていたので契約オファーを出してみましょう。
スタッフプロフィール画面を開き、「契約」を選択すると「契約オファー」があるので選択をします。
スタッフ画面
すると下の画面が表示されます。
この画面では様々な条件を設定してオファーを送ることができます。
なかなかこちらのオファーに応じてもらえない場合は、資金の許す範囲でボーナスや契約条項を追加しましょう。
金銭的にあまり多くのスタッフを雇うことができない時は、コーチと契約する際に「第二職種」を契約オファーに組み込んでみましょう!
例えば下の画像の様に、メインはコーチとしての仕事をしてもらい、スカウティングチームにも加わるようにリクエストすることができます。
セカンド仕事
全て設定が終わったら、画面右下にある「条件を提示」を選択してください。
するとこちらが出したオファーに対して、条件を追加して返答してきます。
条件提示もし相手の要求が受け入れられないようなら、再度条件を修正してすり合わせをしていきます。
あまり何度も条件を変更すると契約の意思がないとみなされ、交渉ができなくなるため注意が必要です!
今回は特に問題がなかったため条件の確定を行います。
その後は基本的に連絡があるまで待つだけになります。
ただし他のチームがより良い条件を提示していたり、知名度の高いチームからも誘いを受けている場合は、オファーを断られることもあります。
そうなる前に、提示した条件にボーナスなどを上乗せしてより魅力のあるオファーにしましょう
※方法はここまで説明した契約オファーと全く同じです。
スタッフからの連絡
今回は特に他のクラブからのオファーがなかったため、無事契約に至りました。
「承諾」を選択して契約を確定させましょう!

コーチをトレーニングへと配置する

では実際に新しいコーチを加えて、トレーニングの評価を確認してみましょう。
トレーニング4
これはDarren Arnottに替えて、攻撃-テクニックのトレーニングにより適した能力を持つ新コーチMark Saleを配置した状態です。
先ほどのトレーニング評価と比べてみると、攻撃-テクニックカテゴリーで星が一つ増えていることが確認できると思います。
これでコーチの能力がトレーニングの質に影響を与えるということがわかりました。
ただ実はもう1つ、トレーニングの質を改善する上で重要になる点があります。
それはトレーニングに参加するコーチの人数です。

コーチの人数がトレーニングへ与える影響

画面上で確認できますが、現在プレーヤーの分身である監督は「守備-テクニック」「攻撃-戦術」の2つのトレーニングを担当しています。
監督としての能力は、それぞれのトレーニングで星5つの評価を得るために十分な最大値20が設定されています。

それでも星が4つにとどまっているのはなぜでしょうか?

これは各トレーニングに設定されている「コーチの負荷」が影響しているからです。
基本的に一人のコーチに複数のトレーニングを担当させると、各トレーニングへのコーチの影響力が下がってしまうため、トレーニングの質も同時に下がってしまいます

では監督の担当するトレーニングを一つに減らしてみましょう。

トレーニング5

ご覧の通り「攻撃-戦術」の担当から外したため、「守備-テクニック」へより集中することができ、トレーニングの質も5つ星評価になりました。

このことからコーチングスタッフのベストな人数は以下の様になります。

  • 各トレーニングカテゴリーに一人ずつ適正の高いコーチ(スペシャリスト)を配置する
  • 3人~5人ほどのコーチを、スペシャリストの負担を減らすサポート役として各トレーニングに配置する

トレーニングは計10個あるため、スペシャリストは10人必要となります。
サポート役のコーチも含めると、トータルで13人~15人ほどのコーチングチームがベストかと思います。

初期の段階でコーチの人数がここまで揃っているクラブはごくわずかです。コーチの人数を増やすために理事会へリクエストを送ってみましょう!
以下の記事内で理事会への要求したい時の流れを説明しています。
関連記事

みなさんこんにちは! 前回の「Football Managerで初日にするべきこと」シリーズ~コーチ編~はいかがでしたか? コーチングチームの整備がトレーニングの質の向上につながり、結果的にチーム強化に影響することが分かりましたね![…]

アイキャッチ画像

まとめ

みなさんいかがでしたか?

今回は、「初日すべきことシリーズの第一弾スタッフ編」をお送りしました。
まずはトレーニングに関わるコーチのことを解説しましたが、ところどころふわっとした説明がありましたね 笑

そもそもトレーニングの質がどの程度選手の成長に影響するか?
コーチと選手の間に言語の壁があった場合、トレーニングの質は低下するのか?

など、みなさん疑問に思った点もあったのではないでしょうか。

そこで「初日すべきことシリーズのコーチ編」を検証する記事を作成中です‼
結果を知りたい方はぜひ次回の記事もチェックしてみてください。※追記 少し時間がかかるため「次回以降」に訂正します

今回もご覧いただきありがとうございました!

アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!

監督として初日にすべきことの最新記事8件