これを見ればMod導入も怖くない!~グラフィックデータパック編~

Mod アイキャッチ画像

みなさんこんにちは!

前回に引き続きFootball Managerを初めてプレイする方に向けて、快適な環境づくりをするためにModの導入方法を説明していきます。

Football Managerのビジュアル面を改善させるためにグラフィックデータパックを導入する

前回紹介した「FM Licensing and Real Name Fix」は、Football Managerが抱えるライセンスまわりの問題を解決するFMプレーヤーにとって必須となるModでした。

ただしこのModを導入したからと言って、現実世界で使用されているクラブロゴやユニフォーム、また選手のプロフィール写真がゲーム内に追加されるわけではありません。

そこで今回はsortitoutsiで配布されている各パックを導入することで、Football Managerのビジュアル面に残るライセンス問題を解決していきましょう。

関連記事

みなさんこんにちは! 今回は主にFootball Managerを新しく購入した方に向けて、快適な環境づくりをするためにModの導入方法を説明していきます。 ゲーム内の偽名問題はこれ1つで全て解決「FM Lice[…]

アイキャッチ

クラブロゴとユニホームを導入する

以下の画像は「FM Licensing and Real Name Fix」を導入した後のユベントスのクラブプロフィール画面です。画像から分かるようにクラブ名が「Zebra」から正式名称に変更されているものの、クラブロゴやユニフォームは未だ実際のものと異なることがわかります。

まずはこれらの問題を解決するべく、クラブロゴとユニフォームを導入してみましょう。

ユベントス

ファイルをダウンロードする

まずは必要なファイルをダウンロードするためにこちらのページアクセスしてください。※FM20でも同様のファイルを使用することができます。
このページではFootball Managerに導入できる、いくつかの基本的なModがリスト上で並んでいます。

ユニフォームの導入

ユニフォームを導入したい場合は「Football Manager2021 Kits」を選択します

その後表示されるページ内にいくつかの選択肢がありますが、実際に現在でも更新されている「SS Kits」「FC’12 Kits」がおすすめです。またクラブプロフィール画面に表示されるユニフォームだけでなく、試合中のユニフォームも変更したい場合は「3D Kits」も導入しましょう。

続いて各ユニフォームパック名を選択すると、各FMシリーズに対応したパックのダウンロード先が表示されるので該当するものを選択してください。
すると各年にクラブで採用されていたユニフォームを収録したパックが表示されるため、導入したいリーグパックを選択してダウンロードしましょう。

もし昔のユニフォームを導入したければ、過去のFMシリーズ向けのパックをダウンロードすることもできます。
クラブロゴの導入

クラブロゴを導入したい場合は「Football Manager2021 Logo Megapacks」を選択しましょう

ユニフォームパックと同様にいくつかの選択肢が表示されますが、これまでの更新頻度や含まれる画像データの数では「Metallic Logos Megapack」が他を圧倒しています。
ただし名前から分かるように光沢がある質感のため、癖のないデザインを好む方は「TCM Logos Megapack」をおすすめします。

どちらのロゴパックも初めて導入する際には、「Download Complete Pack」を選択してすべての画像データをダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルを移動させる

続いてダウンロードしたファイルを「Documents/Sports Interactive/Football Manager 2020/graphics 」または「Documents/Sports Interactive/Football Manager 2021/graphics 」へと移動させます。
「FM Licensing and Real Name Fix」とは違い特に削除するファイルはありませんが、もし「graphics」フォルダがなければ自身で作成しましょう。

各パック導入後の変化

※ゲーム内に導入したパックを反映させる手順は、この記事内の最後の項目で説明しています。

以下はユベントスのプロフィール画面と、試合中の様子を収めた画像です。ロゴは「Metallic Logos Megapack」、ユニフォームは昨シーズンのセリエA「SS Kits」「3D Kits」を導入しています。

「Metallic Logos Megapack」には各リーグや各サッカー連盟など様々なロゴが含まれるため、セリエAのリーグロゴやイタリア国旗も変更していることがわかります。

ユニフォーム導入後

3Dキット導入

フェイスパックを導入する

Football Managerにライセンスが収録されていないクラブ・リーグに所属する選手は、以下の画像の様に顔写真の代わりに黒いアイコンが表示されます。この問題を解決すべく導入するものが、フェイスパックです。

今回は特に人気がある「DF11 Megapack」と、「Cut-Out Faces Megapack」の2つのファイスパックを紹介します。

選手プロフィール

FMユーザー人気No1!DF11 Megapack

「DF11 Megapack」は2010年から継続してアップデートが提供されている長い歴史を持つModで、今年の8月時点で142,774に上る選手のプロフィール写真が含まれています
またフェイスパックのクオリティを最大限生かせるように、専用のプロフィール画面スキンが配布されている点が大きな特徴です。

ファイルをダウンロードする

まずはこちらのページへアクセスしてください。その後表示されたページを下方へスクロールしていくと淡い黄色と緑色のボックスが見つかると思います。

各ボックス内では、以下2通りのダウンロードの流れが説明されています。

Torrentを利用する場合

Torrentを使用してダウンロードする場合はこちらのページへアクセスしましょう。するとフェイスパックファイルをダウンロードする際の注意点が説明されています。

  • まず大前提としてTorrentクライアントソフトが必要です。事前に用意しておいてください。
  • ファイルのサイズは13.3GBあります。最低でも30GB空き容量が必要です。

どちらも問題ないという方は先に進みましょう。

同じページを下方へスクロールすると緑色のボックスが現れます。ボックス上部に配置されている「Download DF11 Megapack Torrent」をクリックしてファイルをダウンロードしましょう。

その後クライアントソフト上でファイルを読み込みダウンロードします。

オンラインストレージサービスを利用する場合

※追記中

数で他を圧倒!Cut-Out Faces Megapack

続いて紹介する「Cut-Out Faces Megapack」はsortitoutsiで配布されている、「DF11 Megapack」と並んで人気のあるフェイスパックです。

DF11 Megapackと比べた時の大きな違いとしては、プロフィール写真の数です。DF11に比べて、10万枚以上多い276,269に上るプロフィール写真が含まれています

ファイルをダウンロードする

まずは先ほど利用したこちらのページへアクセスしましょう。今回はフェイスパックを導入するために、「Football Manager2021 Player Face」を選択します。

その後表示された画面から「Cut-Out Faces Megapack」を選んでください。続いて表示された画面内にある「Download Complete Pack」をクリックすればダウンロードが始まります。

ダウンロードしたファイルを移動させる

どちらのフェイスパックもダウンロードが終わったら、ファイルを「Documents/Sports Interactive/Football Manager 2020/graphics 」または「Documents/Sports Interactive/Football Manager 2021/graphics 」へと移動させます。

以前Lhaplusを使用してフェイスパックの解凍を試みましたが、以下の画像の様に一部のファイルが完全に解凍されずゲーム上にプロフィール写真を反映させることができませんでした。7-zipを利用することで解決したので、同じ問題に直面した方は別のソフトを試してみてください

フェイスパック導入後の変化

以下の画像は「Cut-Out Faces Megapack」を導入した後の、選手のプロフィール画面です。黒のアイコンから選手の写真へと変更されていることがわかります。

選手プロフィールアフター

カスタムスキンを導入する ※追記

ここまでの紹介したModを導入するだけでプレイ環境は十分に改善されますが、もしデフォルトスキンが物足りないと感じるのであればカスタムスキンを導入してみましょう。

今回は数あるスキンの中から5種類をピックアップして紹介します。

今回は選手・クラブのプロフィール画面の画像のみ紹介しますが、スキンによっては戦術画面や試合中の各情報の表示方法など様々な変更が加えられています。

TCS Skin

TSCスキン

TSCスキン2

このスキンは代表的なFMコミュニティの1つFM Scoutで取り扱っており、こちらのページにアクセスして「Download Now」ボタンをクリックすれば、ファイルが配置されている別のサイト(Media Fire)に自動的に移動しダウンロードすることができます。

アップデートに関しては、FM Scout内に作者のプロフィールページが用意されているため、こちらをチェックするようにしましょう。

最新の1.1バージョンを使用してみたところ、上手く表示されませんでした。個人的な環境による問題かもしれませんが、他にも同じ報告をしているユーザーがいるためスキン自体に原因がある可能性もあります。同じように表示に不具合がある場合は、こちらのページ(FM Base)からアップデート前のファイルをダウンロードして使用するようにしましょう。

FM Fusion Skin

Fusionスキン

Fusionスキン2

このスキンは選手プロフィール画面の写真パネルを、「Cut-Out Faces Megapack」「DF11 Megapack」それぞれに適したものへと変更する機能が搭載されています。またFM21から表示が変更されたコンディションレベルやマッチシャープネスが数値化されている点も特徴の1つです。※プロフィール画面でのみ確認できます。

このスキンはイタリアのFMコミュニティであるFM Fusionで配布されています。こちらのページへアクセスして「Download」をクリックすると先ほどと同じようにMedia Fireに移動するため、配置されているファイルをダウンロードすることができます。

アップデート情報は同サイト内で確認することができるため、随時チェックするようにしましょう。

Royal FM21 Skin

Royal21

Royal212

このスキンはプロフィール画面上でポジションタブを切り替えることで、ゲーム内で本来確認することができない能力値を表示させることができます。この仕様はゲームバランスに大きく影響するため、導入する際には注意してください。

隠された能力表示

※これらの能力値に関しては以下の記事で説明しています。

関連記事

みなさんこんにちは! ついにFootball Manager21の新機能の情報が解禁されましたね! 僕は試合前や後の分析にじっくり時間をかけるタイプのため、それぞれに新しい分析ツールが追加されるのは嬉しいです! 1試合にどれだ[…]

アイキャッチ

またパープルバージョンとダークバージョンの2つが用意されていますが、個人的な好みで今回はダークバージョンの画像を使用しています。ただしこちらを使用する際は、以下の手順を踏む必要があるため注意してください。

ダウンロードしたファイルを開くと以下の画像のようなフォルダ構成になっています。この中から「Royal21 Dark」を選択して、中に格納されているファイルをすべてコピーします。その後下の画像で確認することができる「Royal21」へとペーストすれば完了です。

※「Royal21 Dark」の中身

Royal212

DD2021

DD2021

DD20212

このスキンもまたFM Scout内で配布されています。こちらのページにアクセスして「Download Now」ボタンをクリックすれば、ファイルが配置されている別のサイト(Media Fire)に自動的に移動しダウンロードすることができます。

アップデートに関しては、FM Scout内に作者のプロフィールページが用意されているため、こちらをチェックするようにしましょう。

こちらのスキンには「Realism Mod」バージョンも用意されています。

Flut Skin Dark

Flutスキン

Flutスキン

今回紹介する中で最もデザインの変更箇所が多いスキンです。普段このスキンを使用しないため詳しい算出方法は分かりませんが、ゲーム内で本来表示されない「CA/現在の能力」「PA/潜在能力」を2桁の数字で確認することができます。

ダウンロードページへはFM Scoutからアクセスすることができます。こちらのページからこれまで紹介した流れと同じように「Download Now」ボタンをクリックしてMedia Fireへ移動しましょう。

アップデートに関しては、FM Scout内に作者のプロフィールページが用意されているため、こちらをチェックするようにしましょう。

すべてのスキンに共通しますが、スタジアムパックをダウンロードすることでさらにビジュアル面をグレードアップすることができます。sortitoutsiで配布されている「Backgrounds Megapack」やFlut Skin向けの「Stadiums Megapack」「Cities Megapack」がありますが、僕自身は導入していないためおすすめはわかりません。ダウンロード後は「Sports Interactive/Football Manager 2021/graphics/pictures/backgrounds」へ全てのファイルを移動させてから、後述するグラフィックデータ反映操作を行えば使用できると思います。

ダウンロードしたファイルを移動させる

すべてのスキンに共通しますが、ダウンロードしたファイルは「Documents/Sports Interactive/Football Manager 2020/skins」に移動させる必要があります。※もし「skins」フォルダがなければ作成してください。

今回紹介したスキンに関しては、「skins」フォルダ内が以下の画像と同じようになっていれば問題なくゲーム内に反映されます。※後述する設定画面内にある「スキン」ドロップダウンリストから該当するスキンを選択する必要があります。

中身

アップデートファイルに関して

各パックは今後更新される可能性がありますが、1度でもフルバックを導入していれば各パックのページ内にある「Download Latest Changes」からアップデート分をダウンロードし、「graphics」へ移動させるだけで済みます。

過去の更新ファイルは最新アップデートに含まれていないため、もし複数のアップデートを見逃していた場合はそのすべてをダウンロードしましょう。またその際に新しいものから「graphics」へ移動させていくと古いファイルが上書きされてしまうため、必ず最新のアップデートファイルは最後に移動させるように注意してください

Football Managerにグラフィックデータパックを反映させる

各パックのファイルデータを移動し終えたら、実際にゲーム内に反映されるように設定を行います。ゲームを立ち上げたら「設定」を選択して以下の画面を立ち上げてください。
※ゲームを開始した状態でも同じ設定画面にアクセスできます。

スキンに関しては、設定画面を開いた際に表示される「概要」画面内で変更することができます。「インターフェース」の項目内にあるスキンのドロップダウンリスト(画像内では「Football Manager Dark」になっている)を開いて、希望するスキン名を選択するだけです。

設定画面トップ

まず表示されているページを、画面上部に配置されている「詳細」を選択して切り替えます。

設定画面トップ2

続いて画面右上に配置されているプルダウンメニューから「インターフェース」を選択します。

インテーフェース

その後表示された画面内の「スキン」の項目内にある以下の2つにチェックを入れます。

  • ページの読み込み時間短縮のためキャッシュを使用
  • ゲーム設定で変更確定時にスキンをリロード

設定変更

後は以下の画像の様に、画面下部にある「リセット」から「キャッシュのクリア」を選択して「スキンのリロード」を行えば、今回導入した全てのグラフィックデータパックがゲーム内に反映されます。

キャッシュクリア

今回導入したグラフィックデータパックは、開始済みのセーブデータにも適用されます。ただし、もしアップデートファイルを「graphics」フォルダに上書きした場合は、毎回キャッシュのクリアを行ってからスキンのリロードをする必要がある点に注意してください。

まとめ

みなさんいかがでしたか?

ダウンロードに時間がかかると思いますが、各パックを導入すればFootball Managerのビジュアル面はかなり改善されます。時間をかける価値はあると思うので、ぜひ導入してみてください。

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!